「セブンペイ」不正アクセス被害5500万円か、現金チャージも停止

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

「セブンペイ」で不正アクセス被害が発生し、記者会見で頭を下げるセブン・ペイの小林強社長(中央)ら(4日午後、東京都千代田区で)=萩本朋子撮影
「セブンペイ」で不正アクセス被害が発生し、記者会見で頭を下げるセブン・ペイの小林強社長(中央)ら(4日午後、東京都千代田区で)=萩本朋子撮影

 セブン&アイ・ホールディングスは4日、スマートフォンの決済サービス「セブンペイ」の一部のアカウントで、第三者が不正にアクセスする被害が発生し、現金でチャージする機能も一時停止すると発表した。不正が疑われる件数は現時点で約900人、約5500万円に上る。

 セブンペイは1日にサービスを始めたばかり。3日には、クレジットカードなどでチャージする機能を停止していた。

無断転載禁止
672507 0 経済 2019/07/04 14:28:00 2019/07/04 19:43:46 2019/07/04 19:43:46 セブンペイの不正利用について謝罪するセブン・ペイの小林強社長(中央)ら(4日午後2時1分、東京都千代田区で)=萩本朋子撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/07/20190704-OYT1I50050-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

 


東京オリンピックパラリンピックオフィシャル新聞パートナー

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ