経営再建のドイツ銀行、2割相当の1万8000人削減へ

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ロンドン=戸田雄】経営再建中の独金融最大手ドイツ銀行は7日、2022年までに従業員の約2割にあたる約1万8000人を削減することを柱とする経営再建策を発表した。収益が悪化した投資銀行部門を大幅に縮小する。リストラ関連費用は総額で約74億ユーロ(約9000億円)に上る見通しだ。

 株式売買業務からは撤退する。業務の一部は仏金融大手BNPパリバに譲渡することで暫定合意した。投資銀行部門が抱える740億ユーロ(約9兆円)の不良資産を新設する部門に移し、徐々に処分を進める。

 ゼービング最高経営責任者(CEO)は「過去数十年で最も抜本的な改革。ドイツ銀行にとっての再出発だ」との声明を出した。

 ドイツ銀は独大手コメルツ銀行との経営統合を目指したが、労働組合の反対などで交渉が破談となり、自力再建が求められていた。

無断転載禁止
678660 0 経済 2019/07/08 13:18:00 2019/07/08 13:18:00 2019/07/08 13:18:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み_東京2020オリンピックパラリンピックキャンペーン

アクセスランキング

 


東京オリンピックパラリンピックオフィシャル新聞パートナー

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ