ココイチ、カレーの本場インドに進出…来年1号店

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 「カレーハウスCoCo壱番屋」を展開する壱番屋は8日、インド市場に参入する方針を発表した。独自の進化を遂げてきた日本のカレーが、本場インドで通用するかが注目点となる。

 壱番屋は6月28日、ニューデリーに三井物産子会社との共同出資で合弁会社を設立した。資本金は約3億円で、出資割合は三井が60%、壱番屋が40%。早ければ2020年にも1号店をオープンし、5年後に直営店を10店、10年後にはフランチャイズを含め30店を目指す。

 壱番屋経営企画室は「インドはカレー発祥の地であり最大の消費国。ぜひ挑戦したい」と話す。壱番屋は、アジアを中心に米英など12の国と地域で計180店(6月末現在)を展開している。

無断転載禁止
679439 0 経済 2019/07/08 21:14:00 2019/07/08 21:14:00 2019/07/08 21:14:00

おすすめ記事

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ