新入社員で年収1千万円も…NECが新報酬制度

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 NECは、学会などで優れた研究実績があれば、新入社員でも年収が1000万円を超える制度を10月から導入する。人工知能(AI)などの先端分野で高い能力を持つ人材の獲得競争で優位に立つ狙いがある。

 新しい制度では、能力や成果に応じて賞与を大幅に増減させるほか、基本給を引き上げる。研究職の20~30歳代の約20人が対象になる見通しだ。今の制度では、2018年4月に入社した博士号を持っている社員の場合、月収は28万9000円で、年2回の賞与を加えても、年収は約500万円にとどまるとみられる。

 新野隆社長は読売新聞などのインタビューで「(優秀な人材の確保には)流出防止を含めてグローバルで通用するような報酬体系にしないといけない」と話した。NECは優れた研究者を管理職に起用し、年収2000万~3000万円程度を支払う制度があるが、若手の社員は対象外だった。

無断転載禁止
689477 0 経済 2019/07/13 05:00:00 2019/07/13 07:45:01 2019/07/13 07:45:01

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ