韓国「撤回を要請」、日本は「信頼関係に影響」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

記者会見で韓国側に反論する経済産業省の岩松潤・貿易管理課長(手前)(13日午後、経産省で)=菅野靖撮影
記者会見で韓国側に反論する経済産業省の岩松潤・貿易管理課長(手前)(13日午後、経産省で)=菅野靖撮影

 経済産業省は13日、同省で記者会見を開き、半導体材料の輸出規制強化を巡る前日の韓国との事務レベル会合について、「韓国側からは問題解決の要請があったが、撤回という明確な発言は得られていない」と改めて説明した。韓国の聯合ニュース(電子版)によると、韓国側の担当者は「撤回を要請した」と発言しており、これに反論した。

 前日の会合の位置づけについて、経産省は事務的な説明が目的であり、そもそも措置の撤回などを協議する場ではないとの立場だ。ただ、報道によると、韓国の担当者は「日本側が、単なる説明だとしていることには同意できない」と述べた。

 この点について、会合に出席した経産省貿易管理課の岩松潤課長は会見で、「韓国政府の要請で説明を行うという位置づけは、冒頭30分ほどかけて確認した」と述べた。韓国側の発言について、「非常に遺憾で、両国の信頼関係に影響を与える」として、在日韓国大使館に抗議したことも明らかにした。

 日本側は会合で、軍事転用が可能な品目について不適切な事案が見つかり、予防的な措置として規制強化を実施したことなどを伝えた。

無断転載禁止
690232 0 経済 2019/07/13 21:22:00 2019/07/14 09:46:12 2019/07/14 09:46:12 韓国に対して発動した輸出規制強化について記者会見する経済産業省の岩松潤(いわまつ・じゅん)貿易管理課長(右)ら(13日、経済産業省で)=菅野靖撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/07/20190713-OYT1I50066-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ