訪れるべき地域に「四国」、国内で唯一選ばれる

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 世界で親しまれている海外の大手旅行ガイドブック「ロンリープラネット」がウェブサイト(https://www.lonelyplanet.com/best-in-asia-pacific)で発表した2019年に訪れるべきアジア太平洋地域に、日本からは唯一四国が選ばれた。

 四国4県やJR四国でつくる四国ツーリズム創造機構の発表によると、四国は、10選のうちオーストラリアのマーガレットリバーなどの地域に次いで2位にランクイン。3位以下にはニュージーランドやシンガポール、フィジーなど名だたる観光地が並んだ。

 ロンリープラネットは、高松空港などの国際線が増便されていることや、瀬戸内の島々を舞台に開催される瀬戸内国際芸術祭を紹介。インバウンド(訪日外国人客)から秘境として人気が高い祖谷、鳴門の渦潮、高知城、道後温泉のほか、四国八十八か所霊場巡りについても触れられている。

 四国ツーリズム創造機構の担当者は「訪日旅行の目的地として一層の注目を集めることになった。認知度を更に向上させて、誘客を促進していく」と話している。

無断転載禁止
691647 0 経済 2019/07/15 09:59:00 2019/07/15 10:04:27 2019/07/15 10:04:27

おすすめ記事

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ