東京株売り先行…参院選「想定内」、下支えにも

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 週明け22日の東京株式市場は売り注文が先行し、日経平均株価(225種)は午後1時現在、前週末終値比75円47銭安の2万1391円52銭で取引されている。 前週末の米株式市場が下落した流れを受け、東京市場も値下がりして始まった。

 与党が過半数を獲得した参院選の結果については、「事前予想通りでサプライズはない」(大手証券)との受け止めの一方で、今後も安定した政権運営が期待できるとして、相場の下支え材料となっている。

 また、外国為替市場の円相場が円安・ドル高に振れたことで、輸出関連株には買い注文も入っており、日経平均の下げ幅は限定的となっている。

無断転載禁止
702337 0 経済 2019/07/22 11:55:00 2019/07/22 13:32:17 2019/07/22 13:32:17

ピックアップ

読売新聞購読申し込み_東京2020オリンピックパラリンピックキャンペーン

アクセスランキング

 


東京オリンピックパラリンピックオフィシャル新聞パートナー

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ