トランプ氏、9月に対中追加関税…輸入品ほぼ全てに拡大

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

対中制裁関税第4弾の発動を公表したトランプ大統領(1日、AP)
対中制裁関税第4弾の発動を公表したトランプ大統領(1日、AP)

 【ワシントン=山本貴徳】トランプ米大統領は1日、中国製品3000億ドル(約32兆円)相当を対象にした制裁関税の第4弾を9月1日に発動するとツイッターで公表した。上乗せする税率は10%。発動されれば、制裁関税の対象は5500億ドル(約59兆円)相当となり、中国からの輸入品のほぼ全てに広がることになる。

 トランプ氏は、「中国は米国から大量の農産品を購入することで合意したが、買わなかった」として、中国との貿易協議の現状に不満を表明した。ただ、中国国営新華社通信は、中国企業が大量の大豆を購入して輸送を始めたと報じており、見解は食い違っている。

 トランプ氏はホワイトハウスで記者団に、「(追加関税が)10%なのは短期間だ。段階的に引き上げられ、25%を超えることもあり得る」と語り、中国をけん制した。貿易協議について、「率直に言ってスピードが足りない」とも述べた。

 一方、中国の王毅ワンイー国務委員兼外相は2日、訪問先のバンコクで、中国メディアに対し、「追加関税は絶対に貿易摩擦を解決する正しい方法ではない」と述べた。

 米中両政府は7月30~31日、上海で閣僚級貿易協議を開いたが、中国の過剰な産業補助金など主要テーマでは目立った進展がなかったもようだ。次回の閣僚級協議は9月初めにワシントンで開かれる予定で、第4弾の発動を直前に設定することで、中国に譲歩を求める狙いがありそうだ。

 米国は昨年夏以降、知的財産権の侵害などを理由に、中国への制裁関税を順次、発動してきた。スマートフォンや玩具などを対象とする第4弾については、6月末に大阪市で開いた米中首脳会談を受けて、トランプ氏は発動を当面見送る考えを示していた。

無断転載禁止
721057 0 経済 2019/08/02 03:19:00 2019/08/02 14:17:34 2019/08/02 14:17:34 President Donald Trump talks to reporters before departing for a campaign rally in Cincinnati, on the South Lawn of the White House, Thursday, Aug. 1, 2019, in Washington. (AP Photo/Evan Vucci) https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/08/20190802-OYT1I50039-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ