景気指数3か月ぶり低下、基調判断「下げ止まり」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 内閣府が6日発表した6月の景気動向指数(CI、2015年=100)の速報値は、景気の現状を示す一致指数が前月より3・0ポイント低い100・4となり、3か月ぶりに低下した。指数の推移から機械的に当てはめられる基調判断は、景気後退の動きが下げ止まっている可能性が高いことを示す「下げ止まり」に据え置かれた。

 下落幅は、大型連休中も生産が活発だった5月に大きく伸びた反動もあり、消費税率引き上げで消費が落ち込んだ14年4月(4・9ポイント低下)以来の大きさだった。

 景気動向指数は、生産や消費など景気に連動しやすい経済指標を組み合わせて算出される。6月は、前月に新型車効果などで好調だった自動車の生産・出荷が一服したほか、生産用機械など中国向け輸出が多い品目で生産が振るわなかった。ただ、基調判断は、3か月間の平均値が5月までプラスだったことから、据え置きとなった。

 政府としての景気の基調判断は毎月公表しており、直近の7月の報告では、「緩やかに回復している」との文言を維持した。

無断転載禁止
728081 0 経済 2019/08/06 18:43:00 2019/08/06 18:44:03 2019/08/06 18:44:03

おすすめ記事

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ