[深層NEWS]政府の雇用延長策、楠木新教授「正しい方向性」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 神戸松蔭女子学院大の楠木新教授が13日、BS日テレの「深層NEWS」に出演した。70歳までの定年延長など、政府が今年の成長戦略実行計画で柱に掲げた高齢者の就業促進のあり方について語った。

 成長戦略は、継続雇用年齢を現在の65歳から引き上げ、70歳までの就業機会の確保を企業に求めた。人手不足を補ったり、社会保障制度の担い手を増やしたりする狙いがある。楠木氏は政府の方針について「少子高齢化が進む中、非常に正しい方向性だ」と評価した。その上で、雇用延長だけではなく、他企業への再就職支援など多様な取り組みの必要性を訴えた。

無断転載禁止
739114 0 経済 2019/08/13 23:26:00 2019/08/13 23:26:00 2019/08/13 23:26:00

おすすめ記事

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ