韓国LCCの利用低迷か、各路線の運休発表続々

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 韓国の格安航空会社(LCC)「エアプサン」と「イースター航空」は14日、北九州―韓国・大邱テグ線と宮崎―韓国・仁川インチョン線の定期便を9月から運休すると発表した。日韓関係の悪化による利用低迷の影響とみられる。

 エアプサンは現在、北九州―大邱線を週7往復運航する。7月の搭乗率が4割台と低迷したため、同月に週3往復への減便方針を発表したばかりだったが、9月1日以降は運休する。

 宮崎―仁川線を週3往復するイースター航空も9月19日~11月30日の運休を決めた。12月以降は未定で、同社は「できる限り早期に再開したい」としている。

 韓国への定期便を巡っては、「ティーウェイ航空」の仁川と佐賀や大分、熊本、鹿児島を結ぶ路線が今月19日から、「エアソウル」の仁川と熊本を結ぶ路線が10月27日から運休することも決まっている。

無断転載禁止
741827 0 経済 2019/08/14 19:05:00 2019/08/14 19:56:20 2019/08/14 19:56:20

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ