おまけで税率に違い…プロ野球チップス10%、ビックリマンチョコ8%

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 10月に予定される消費税率の引き上げまで1か月余りとなった。食品は原則、軽減税率の対象で税率は8%に据え置かれるが、子どもに人気の菓子類は「おまけ」によって10%になるものがある。一つの売り場に税率の異なる商品が混在することになり、小売店は対応を進めている。

 プロ野球選手のカードが付いたカルビーの「プロ野球チップス」は10月以降、消費税率が10%に引き上げられる。一方、独自のキャラクターシールで知られるロッテの「ビックリマンチョコ」は8%のままだ。理由は「おまけ」にある。

 国税庁の指針によると、おまけ付きの菓子は、〈1〉税抜き価格が1万円以下〈2〉食品部分の価格が全体の3分の2以上――の条件を満たす場合、軽減税率が適用される。宝飾品のような高額品を食品と一緒に販売して、軽減税率の適用を受けるのを防ぐためで、プロ野球チップスは〈2〉を満たしていないという。

 おまけだけでなく、容器そのものに価値があるかどうかで税率が異なるケースもある。「チーリン製菓」(大阪府八尾市)の「コンパスチョコ」は、10%に引き上げられる。容器の価格が全体の3分の1以上のうえ、方位磁針になっており、食べた後も使えるためだ。一方、同社の「ステッキチョコ」の容器は、ステッキの形をした玩具にも見えるが、「おまけではなく、デザイン上、商品に欠かせない要素」(チーリン)とし、8%に据え置くという。

 売り場での混乱を防ぐため、10月以降、税込み価格に統一する小売店が多いとみられる。ファミリーマートなどコンビニエンスストアやスーパー大手は検討中としているが、全国のショッピングモールを中心に駄菓子売り場を展開する「だがし夢や」は、税込み価格にそろえる方針だ。

 約2500種類の駄菓子をそろえる専門店「日本一のだがし売り場」(岡山県瀬戸内市)も税込み価格に統一するが、5月の大型連休後から、8%の菓子は白、10%は黄と、色を変えた2種類の値札で区別している。

 税率が異なる商品が同じ売り場に混在すると、店側の負担も増えるため、担当者は「精算時に混乱することがないよう、店員も慣れておく必要がある」と話す。

無断転載禁止
750316 0 経済 2019/08/19 18:03:00 2019/08/19 18:03:00 2019/08/19 18:03:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/08/20190819-OYT1I50066-T.jpg?type=thumbnail

おすすめ記事

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ