韓国側「根拠なく一方的だ」…輸出管理厳格化の撤回改めて要望

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ソウル=建石剛】インドネシア・ジャカルタで24、25日に東アジア地域包括的経済連携(RCEP)交渉が開かれたのに合わせ、日本と韓国の2国間会合が行われ、韓国政府当局者が日本の対韓輸出管理厳格化について改めて撤回を求めた。韓国産業通商資源省が26日発表した。

 産業通商資源省によると、会合には日本側から外務省や経済産業省などの審議官級が出席した。韓国側は、日本の措置について、明確な根拠がなく、一方的だと主張した。

     ◇

 日本政府関係者は、韓国との会合で輸出管理厳格化の撤回要請を受けたことについて、「RCEP交渉が目的の会合で、韓国が一方的に輸出管理を持ち出してきた」と述べた。経済産業省幹部は「輸出管理の運用の見直しは協議対象にはならない」としている。

無断転載禁止
762889 0 経済 2019/08/26 13:43:00 2019/08/26 13:43:45 2019/08/26 13:43:45

ピックアップ

読売新聞購読申し込み_東京2020オリンピックパラリンピックキャンペーン

アクセスランキング

 


東京オリンピックパラリンピックオフィシャル新聞パートナー

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ