au、解約時の違約金を千円に…新ルールに対応

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 KDDI(au)は28日、携帯電話の2年契約を途中解約する際の違約金を1000円に引き下げる新料金プランを発表した。10月スタートの総務省の新ルールに対応し、9月13日から提供を始める。携帯大手3社では初めてで、利用者の乗り換えが活発化しそうだ。

 新プランは月間のデータ通信量に上限がなく、米動画配信大手「ネットフリックス」の利用料がセットになっている。2年定期契約や家族割引などの条件を満たせば月額5880円、定期契約がない場合は6050円。違約金はこれまでの9500円から1000円に引き下げる。

 10月1日施行の総務省の改正省令では、違約金の上限を1000円とし、定期契約と期間を縛らない契約との通信料金の差額は月170円までと定めている。KDDIはいずれも上限を採用した形だ。

 現在提供中のプランについても今後、同様の対応をとる方針。高橋誠社長は28日の記者会見で「ルールは守った上で利用者を確保するよう取り組む」と述べた。

 10月に自社の通信網を使った携帯電話事業へ新規参入する楽天モバイルは、9月上旬に発表を予定する料金プランで、格安スマホ会社並みの料金体系を打ち出す方針だ。総務省は、違約金の上限規制などと相まって利用者の乗り換えが活発になり、さらなる価格競争が促されると期待する。

 NTTドコモやソフトバンクも違約金の引き下げに加え、楽天モバイルへの対抗策を打ち出す構え。顧客獲得を巡る各社の動きが激しくなりそうだ。

無断転載禁止
767945 0 経済 2019/08/28 22:28:00 2019/08/29 05:08:39 2019/08/29 05:08:39

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

 


東京オリンピックパラリンピックオフィシャル新聞パートナー

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ