ドコモ、ファーウェイの5Gスマホ扱わない方針

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 NTTドコモは、来春に商用サービスを始める次世代通信規格「5G」で、中国通信機器大手「華為技術(ファーウェイ)」製のスマートフォンを扱わない方針であることが分かった。トランプ米政権が発動したファーウェイに対する輸出禁止措置で、利用者に混乱が生じかねないと判断した。

 ドコモは商用サービス開始に合わせ、5G対応スマホの販売を始める計画だ。しかし、米国の輸出禁止措置で、米グーグルがファーウェイが今後販売する端末向けにサービスを提供しない可能性があり、グーグルの基本ソフト(OS)「アンドロイド」や「Gメール」が使えなくなって利便性が大きく低下する懸念がある。

 ドコモは現行の通信規格「4G」に対応したファーウェイ製端末は販売している。

 KDDI(au)やソフトバンクはファーウェイが販売する5Gのスマホについて、取り扱いは「何も決まっていない」としている。

無断転載禁止
800352 0 経済 2019/09/17 21:28:00 2019/09/17 21:28:00 2019/09/17 21:28:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

 


東京オリンピックパラリンピックオフィシャル新聞パートナー

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ