8%対象は「軽」付き値札、「盆や年末でないのが救い」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 消費税10%が1日午前0時にスタートした。増税のタイミングに合わせ、お店は値札の交換といった準備作業を急いだ。消費者は増税前の「お得」な買い物に走った。

 

 コンビニの棚から税率8%の値札を外すと、その下から10%の値札が現れ――。東京都品川区の「ローソン大井店」では30日から1日にかけて、店員が店内2000点に上る値札の差し替え作業を行った。

 税率10%の値札には小さな「■」のマーク。軽減税率(8%)の対象商品の値札には「軽」の文字。それぞれ見分けがつくよう工夫したという。

 午前0時を回り、レジのシステムは2種類の税率に対応し始めた。カンボジア出身のローソン社員(26)は「お客様に税率を聞かれた時、スムーズに答えられるよう勉強して混乱のないようにしたい」と話した。

 エナジードリンク2本を購入した品川区の会社員男性(23)は電子マネーで決済。「普段から現金を使わず、2%の還元も意識していなかった。ただ、還元されるとうれしい」

 税率が「分かりづらい」といわれるのが、食品の取り扱い。料理を持ち帰ると税率は8%のままだが、そのまま店内で食べるイートインは10%となる。

山形市の県観光物産会館「ぐっと山形」のフードコートでは、従業員らがイートイン用と持ち帰り用の2種類の食券の準備に追われた=藤本哲至撮影(30日午後)
山形市の県観光物産会館「ぐっと山形」のフードコートでは、従業員らがイートイン用と持ち帰り用の2種類の食券の準備に追われた=藤本哲至撮影(30日午後)

 山形県産のワインや土産物約4000品目が並ぶ山形県観光物産会館「ぐっと山形」(山形市)は30日に臨時休業し、従業員ら約40人が値札の貼り替えなどを行った。軽減税率が適用される漬物や山形牛などの食品に、増税対象の地酒、将棋の駒……。同館はレジを2種類の税率に対応可能な新型に取り換えた。

 米沢牛の丼を出す併設店では、持ち帰り用(2700円)と店内用(2750円)の2種類の食券を用意。同館の渡辺純・統括部長(61)は「軽減税率の対応は、ほぼぶっつけ本番。混雑するお盆や年末でなかったのが救い」と話した。

 「少しでも安く。なんとしても手に入れたい」。米アップルの直営店「アップル表参道」(東京都渋谷区)前で、千葉県松戸市の会社員女性(46)は30日に語った。目当ては10日前に発売された「iPhone(アイフォーン)11」という。同店には、新型スマホなどを求める人で2~3時間待ちの列ができた。

 大和総研の試算によると、年収500万円の4人世帯では、増税によって家計の負担は年約3万9600円増える。30日には、日用品や酒をまとめ買いする人たちが店に詰めかけた。

 

高額定期「8%で」…窓口混雑

増税前の駆け込みで定期券を買い求める客などで混雑するJR新宿駅南口のみどりの窓口(30日午後)
増税前の駆け込みで定期券を買い求める客などで混雑するJR新宿駅南口のみどりの窓口(30日午後)

 通学・通勤用のJR定期券は使用開始の14日前から購入できる。東京都内の駅の窓口には、10月上旬に発効する定期券を「消費税8%」で求める人が30日、列を作った。

 この時期は、新学期や入社などの節目となる4月に「6か月定期券」を購入した人の更新時期とも重なる。定期券を早く購入するとICカードのポイントがたまるキャンペーンを行う私鉄も出るなど、鉄道各社は増税前の駆け込み混雑を減らす取り組みをしていた。

 JR東日本東京支社も早めの購入を呼びかけていたが、JR新宿駅南口の「みどりの窓口」では午後3時半頃、約60人の会社員や学生らが並び、売り場の外にあふれた。家族に促され、6か月の通学定期券を購入した横浜市青葉区、専門学校1年の女子(18)は、「定期券代は約4万円もかかる。少しでも安く買えてよかった」と話した。

 

SNS 週末急増

 <増税前にテレビ買おうかな><増税前最後の爆買いをしてしまった。後悔はない>……。5年半ぶりの消費増税は、SNSでも注目を集めた。

 ツイッター調査・分析サービス「アットクリッピング」の運営会社(東京)によると、9月21日から30日までに<増税><消費税>のキーワードを含むツイート数は計58万7669件だった。投稿数は、21日に3万1469件だったが、増税前最後の日曜日となった29日に9万3204件に達した。

 9月最後の週末に投稿が急増した理由について、同社の担当者は「増税前に何を買おうか悩む内容が多く、ギリギリまで迷う人が多かったのではないか」と分析する。中には、<トイレットペーパー…洗剤…なんで生活必需品の消費税を上げるんだ>などの戸惑いツイートもあった。

無断転載禁止
821655 0 経済 2019/10/01 05:00:00 2019/10/01 07:20:09 2019/10/01 07:20:09 フードコートで、2種類の食券の確認をする従業員ら(9月30日午後2時42分、山形市表蔵王の県観光物産会館「ぐっと山形」で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/10/20191001-OYT1I50011-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ