カルピス工場のある駅、水玉模様にラッピング

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

カルピスをイメージし、水玉模様になった東武館林駅東口
カルピスをイメージし、水玉模様になった東武館林駅東口

 東武館林駅の東口改札が、群馬県館林市内に製造工場のある乳酸菌飲料「カルピス」のデザインにラッピングされている。カルピスのシンボルで、天の川をイメージした青地に白の水玉模様が券売機周辺の壁や床、柱にプリントされた。工場内に今月オープンした見学施設の申し込み用サイトのQRコードもある。

 生産しているアサヒ飲料(東京)がカルピスの発売100年を記念して実施した。12月末までの期間限定だが、同社は「駅の利用者に楽しい気持ちになってほしい」としている。

無断転載禁止
833835 0 経済 2019/10/07 17:45:00 2019/10/07 17:45:00 2019/10/07 17:45:00 カルピスのデザインが施された改札口(2日午前10時25分、東武館林駅東口で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/10/20191004-OYT1I50052-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

 


東京オリンピックパラリンピックオフィシャル新聞パートナー

ラグビーワールドカップ

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ