途上国の優遇措置、韓国が返上「すでに先進国と肩を並べるほど発展」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ソウル=建石剛】韓国の洪楠基ホンナムギ・経済副首相は25日、世界貿易機関(WTO)のルールで、先進国との貿易の条件などで優遇措置がある「途上国」の地位を返上すると発表した。米国のトランプ大統領が7月に「不公平だ」として見直しを求めていた。

 発表によると、韓国は1995年のWTO発足時に途上国として認められ、農業分野などで優遇措置を受けていた。返上の理由について、洪氏は「(韓国経済は)すでに先進国と肩を並べられるほど発展した」とし、「これからの交渉では優遇措置を主張しない」と語った。

 トランプ氏は、7月に署名した大統領覚書で中国と韓国、メキシコ、シンガポールを名指しし、「経済大国が途上国だと主張すれば、他の先進国が打撃を受ける」などと主張していた。これらの国が対応しなければ一方的に優遇をやめるとしており、韓国は米国の意向に配慮したとみられる。

無断転載・複製を禁じます
864295 0 経済 2019/10/25 17:54:00 2019/10/25 18:16:53 2019/10/25 18:16:53

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

一緒に読もう新聞コンクール

新着クーポン

NEW
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
NEW
参考画像
600円300円
NEW
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス
NEW
参考画像
ご宿泊のお客様の夕食時に地酒(お銚子)またはソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ