高級ブランド柿「天下富舞」、2個70万円で落札

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 岐阜県が開発した高級ブランド柿「天下富舞ふぶ」の初競りが25日、名古屋市中央卸売市場北部市場(愛知県豊山町)で行われ、過去最高となる2個70万円(税抜き)で落札された=写真=。

 この日午前6時20分頃に行われた競りには岐阜県の古田肇知事も姿を見せ、天皇陛下が皇太子時代にご夫妻で来県した際に天下富舞を口にして非常に喜ばれたことを紹介し、高級柿をPRした。

 競りは50万円からスタートし、最終的に70万円で落札。昨年の54万円(税込み)を上回った。競り落とした「丸進青果」(愛知県豊山町)果実部の佐々雅次部長(55)は「しゃきしゃきした食感と甘みのバランスが素晴らしく、全国の人に知ってほしいと思い、この値段で落としました」と語った。

 天下富舞は、県が開発した新品種「ねおスイート」のうち、糖度などが一定基準を上回る柿のブランドで、名称は、織田信長が掲げた「天下布武」にちなむ。一般的な柿の糖度は15度前後だが、天下富舞は18度以上。70万円で落札された柿は、最高ランクの「天下人」に該当し、糖度は25度を超えるという。

無断転載禁止
865596 0 経済 2019/10/26 05:00:00 2019/10/26 05:00:00 2019/10/26 05:00:00 70万円で落札された「天下布舞」。(愛知県豊山町で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/10/20191026-OYT1I50021-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み_東京2020オリンピックパラリンピックキャンペーン

アクセスランキング

 


東京オリンピックパラリンピックオフィシャル新聞パートナー

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ