日韓の観光担当大臣、民間交流促進で一致…具体策は至らず

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 赤羽国土交通相は27日、北海道倶知安町のホテルで韓国の朴良雨パクヤンウ文化体育観光相と会談した。日韓関係が悪化し、韓国からの訪日客が激減するなか、民間レベルの交流促進に向け努力していくことで認識は一致したが、具体的な解決策を見いだすには至らなかった。

 会談は非公開で約1時間15分行われた。赤羽氏によると、朴氏は、「自治体同士など民間交流を中断するようなことがあってはならない」とインターネット上で投稿したことなどを紹介した。赤羽氏は「経済的にも、観光業界も大変なことになっており、両国にとって得なことではない」などと話したという。

 会談は、両氏が26日に開かれた主要20か国・地域(G20)観光相会合で同町を訪問したことに合わせて行われた。

 日韓関係の悪化を受け、9月の訪日韓国人の数は前年同月比で6割減少した。日本からの訪韓客の伸びも鈍化し、両国の観光産業への影響が広がっている。

無断転載・複製を禁じます
867324 0 経済 2019/10/27 22:34:00 2019/10/27 22:34:00 2019/10/27 22:34:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ