米中貿易協議「農業・金融でほぼ完了」…NEC委員長

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ワシントン=山内竜介、北京=小川直樹】米中両政府は1日、電話による閣僚級の貿易協議を行った。米通商代表部(USTR)は「様々な分野で進展があり、残る問題は解決に向けて進行中だ」との声明を出した。両国は11月半ばに首脳会談を開き、一部の交渉分野に関する合意文書に署名することを目指す。

 電話協議にはUSTRのライトハイザー代表や中国の劉鶴リウフォー副首相らが参加した。中国商務省は「中核的な関心事について真剣かつ建設的な討議を行い、原則的な共通認識に達した」と発表した。

 米国家経済会議(NEC)のクドロー委員長は1日、米FOXビジネステレビのインタビューで、農業や金融、為替の分野での協議が「ほぼ完了した」と述べた。ただ、知的財産保護などの問題については協議が終わっていないという。

 トランプ米大統領は1日、記者団に「協議は大きく進展している」と述べ、首脳会談の場所については「アイオワ州かもしれない」との見通しを示した。アイオワ州は部分合意の柱となる農業が盛んな地だ。

無断転載禁止
877716 0 経済 2019/11/02 12:23:00 2019/11/02 12:23:00 2019/11/02 12:23:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

 


東京オリンピックパラリンピックオフィシャル新聞パートナー

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ