アニメやホテルに神社までも…所沢に来年、角川が「聖地」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

高さ約8メートルの巨大本棚に囲まれた「本棚劇場」(KADOKAWA提供)
高さ約8メートルの巨大本棚に囲まれた「本棚劇場」(KADOKAWA提供)

 出版大手の「KADOKAWA」と公益財団法人角川文化振興財団は、埼玉県所沢市東所沢和田で建設を進めている「ところざわサクラタウン」の概要を発表した。施設全体のオープンを来年7月17日とし、美術館、博物館、図書館の機能を兼ね備えた複合施設や、アニメ観賞ができるホテルを開設する。

 10月31日に東京都内で行われた事業発表会で施設の概要などを公表した。一般客が来場して楽しめる施設のうち、拠点となるのは「角川武蔵野ミュージアム」で、複合文化ミュージアムと位置づけている。新国立競技場の設計も手がけた建築家・隈研吾氏による設計で、5階建ての建物は岩を多角形に組み合わせたような外観。中には高さ約8メートルの巨大本棚に囲まれた「本棚劇場」や「マンガ・ラノベ図書館」、アニメを文化と捉えて紹介する「EJアニメミュージアム」などが設けられる。

 室内でアニメ観賞が楽しめる「EJアニメホテル」は全33室で建設。また、この地をアニメの聖地などとして来場する人たちに向け、「武蔵野坐令和神社むさしのにますうるわしきやまとのみやしろ」と名付けた神社も新設する。

 来年6月6日に角川武蔵野ミュージアムがプレオープンするのを手始めに、各施設が順次開業していく。KADOKAWAの書籍製造工場や事務所機能も随時移転し、2021年4月には全面開業となる。同社などは開業後の来場者を、従業員と一般客を合わせて年間140万~180万人と見込んでいる。

無断転載禁止
882355 0 経済 2019/11/05 18:21:00 2019/11/05 19:22:04 2019/11/05 19:22:04 角川武蔵野ミュージアム内に設けられる、高さ約8メートルの巨大本棚に囲まれた「本棚劇場」 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/11/20191105-OYT1I50024-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

一緒に読もう新聞コンクール

新着クーポン

NEW
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
NEW
参考画像
600円300円
NEW
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス
NEW
参考画像
ご宿泊のお客様の夕食時に地酒(お銚子)またはソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ