孫会長「ぼろぼろ、真っ赤っか」…ソフトバンクG15年ぶり赤字

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

中間決算の記者会見に臨む、ソフトバンクグループの孫正義会長兼社長(6日午後、東京都中央区で)=小林武仁撮影
中間決算の記者会見に臨む、ソフトバンクグループの孫正義会長兼社長(6日午後、東京都中央区で)=小林武仁撮影

 ソフトバンクグループ(SBG)が6日発表した2019年9月中間連結決算(国際会計基準)は、本業のもうけを示す営業利益が155億円の赤字(前年同期は1兆4207億円の黒字)だった。「ユニコーン」と呼ばれる有力な新興企業への投資事業で損失が膨らんだことが響き、中間期としては15年ぶりの赤字に転落した。

 売上高は前年同期とほぼ同じ4兆6517億円だった。出資先の中国電子商取引大手アリババ集団に関連する利益はあったものの、最終利益は前年同期比49・8%減の4215億円と、ほぼ半減した。SBGの孫正義会長兼社長は6日の記者会見で「決算内容はぼろぼろだ。真っ赤っかの大赤字」と述べた。

 営業赤字に転落したのは、SBGが3割を出資して主導する「ソフトバンク・ビジョン・ファンド(SVF)」の投資先企業の価値が下がり、5726億円の損失を計上したことが要因だ。米シェアオフィス大手「ウィーワーク」を運営するウィーカンパニーと、米配車サービスのウーバー・テクノロジーズだけで計5379億円の損失を計上した。

 7~9月の3か月間でみると、業績の悪化は鮮明だ。SVFの投資事業に絡む損失額は9702億円(前年同期は3924億円の利益)に上り、最終利益は7001億円の赤字(前年同期は5264億円の黒字)に転落した。

 SBGは日米で携帯電話事業などを手がける一方、17年に設立したSVFを通して人工知能(AI)分野のIT企業など88社に投資している。SVFの投資額は10兆円規模に上り、投資先には有力なユニコーン企業が多く、その動向は世界で注目されている。

 こうした投資先については、十分な収益を上げられずに企業価値が下がった場合には、実際にお金が流出しなくても損失を計上しなければならない。今回、投資事業が赤字となったのはこのためで、18年9月中間連結決算では6324億円の利益を確保していた。

 孫氏は投資事業について「私自身の投資の判断が色々な意味でまずかったと、大いに反省している」と述べる一方、「萎縮いしゅくはしない。信念は微動だにせず、今後も投資を続けていく」と語った。携帯電話大手ソフトバンクや、米スプリントは黒字を確保し、おおむね堅調だった。

無断転載・複製を禁じます
884080 0 経済 2019/11/06 20:25:00 2019/11/06 23:23:06 2019/11/06 23:23:06 中間決算に関する記者会見をするソフトバンクグループの孫正義会長兼社長(6日午後4時28分、東京都中央区で)=小林武仁撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/11/20191106-OYT1I50049-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
500円400円
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ