サンマ水揚げ量、水産庁「過去最低の可能性」…外国船の漁獲影響

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 全国さんま棒受網漁業協同組合は8日、10月末現在の今年のサンマ水揚げ量が、前年同期比79%減の2万299トンだったと発表した。近年では記録的な不漁だった2017年同期(4万5756トン)の半分以下。11月に入って一部の港で水揚げに回復の兆しもみられるが、漁期が12月上旬までにはほぼ終わる中、水産庁は「過去最低を記録する可能性がある」とみている。

 発表によると、昨年まで9年連続水揚げ日本一の花咲港(北海道)は1万2445トンで、前年同期比68%減。大船渡港(岩手県)や気仙沼港(宮城県)など、三陸の漁港も同8~9割減で苦戦している。

 一般社団法人「漁業情報サービスセンター」(東京都)によると、サンマの資源量は十数年単位で増減を繰り返しており、15年頃から少ない時期に入っている。同センターの渡辺一功・漁海況部副部長(49)は「外国漁船による公海上での漁獲の影響もある」と指摘する。

無断転載禁止
888913 0 経済 2019/11/08 20:51:00 2019/11/08 21:03:44 2019/11/08 21:03:44

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

 


東京オリンピックパラリンピックオフィシャル新聞パートナー

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ