イチジク形じゃない浣腸に「グッドデザイン賞」、使い残しも減る

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

グッドデザイン賞を受けた「コトブキ浣腸ひとおし40」(淡路市で)
グッドデザイン賞を受けた「コトブキ浣腸ひとおし40」(淡路市で)
試作を重ねた容器と、型を取るための木製模型(淡路市で)
試作を重ねた容器と、型を取るための木製模型(淡路市で)

 兵庫県淡路市の製薬会社「ムネ製薬」(西岡一輝社長)が開発した浣腸かんちょう「コトブキ浣腸ひとおし40」が、2019年度の「グッドデザイン賞」(日本デザイン振興会主催)に輝いた。アコーディオンに着想を得て、容器を横向きの蛇腹状にしたことで、機能性も向上。「浣腸といえばイチジク形」という固定観念を覆し、浣腸としては初めての受賞となった。(加藤律郎)

 1910年(明治43年)創業で、の薬や浣腸を製造してきたが、近年は飲む便秘薬が台頭。主力のイチジク形は「買うのが恥ずかしい」という見方もあり、売れ行きが低迷していた。

 そこで、商品に入れたアンケートはがきで、要望や改良点をアンケートしたところ、購入者から7万通もの声が寄せられた。

 「容器に液が残る」「ノズルを長くして」――。

 はがきは切実な声で埋め尽くされ、具体的なイラストが描かれたものも。人知れず悩み、商品の改良に期待する人の多さに、社員らは奮い立ったという。

 容器の形を変える上でイメージしたのは、アコーディオンの蛇腹だ。西啓次郎会長が社長時代に、海外旅行で見た演奏風景がヒントになったという。

 便秘気味の社員らが、試作品で使い心地や効果を検証した末、2006年に30グラムの「ひとおし」を発売。横向きの蛇腹状にしたことで使い残しが減った。

 続いて17年に売り出した40グラム入りはノズルを伸ばして波形に。この改良にも利用者の声が生かされ、挿入時の摩擦を軽減する狙いは当たった。グッドデザイン賞の審査員には「波形ノズルは体の柔軟性が衰える高齢者の負担軽減になる」と機能性も評価された。

 波形ノズルは特許を取得し、売り上げも「快腸」ならぬ快調という。ムネ製薬営業部の酒井公彦さんは「受賞が浣腸のイメージ向上につながれば」。社員約80人の会社は、今後も利用者の声に耳を傾けていく。

 

高齢者の便秘、男女共に

 厚生労働省の国民生活基礎調査(2016年)によると、便秘に悩む人口の割合は59歳までは女性が多いが、60歳以上では男性も増える。内臓機能の衰えなどが原因とみられ、80歳以上では男女とも人口1000人当たりで100人を超える。

無断転載禁止
896778 0 経済 2019/11/13 12:16:00 2019/11/13 12:16:00 2019/11/13 12:16:00 グッドデザイン賞を受賞したムネ製薬の「コトブキ浣腸ひとおし40」(淡路市で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/11/20191113-OYT1I50040-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み_東京2020オリンピックパラリンピックキャンペーン

アクセスランキング

 


東京オリンピックパラリンピックオフィシャル新聞パートナー

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ