ルノー次期CEO、セアトのデメオCEO有力…仏紙

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【パリ=作田総輝】仏紙フィガロは15日、仏ルノーの次期最高経営責任者(CEO)として、独フォルクスワーゲン(VW)傘下のセアト(スペイン)のルカ・デメオCEO(52)が有力候補になっていると報じた。デメオ氏はイタリア人で、ルノーやトヨタ自動車などでの勤務を経てVWグループに入った。仏語など5か国語が話せるとされる。

 一方、ロイター通信は、ルノーの暫定CEOを務めるクロチルド・デルボス氏が、正式なCEO就任に名乗り出たと報じた。ただ、ルノーは外部からの起用を検討しているという。

 ルノーは10月、前会長のカルロス・ゴーン被告の側近だったティエリー・ボロレ氏をCEOから解任し、後任選びを進めている。

無断転載・複製を禁じます
902496 0 経済 2019/11/16 21:21:00 2019/11/16 21:30:17 2019/11/16 21:30:17

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ