赤字続きの農水ファンド「廃止含め検討」…農相

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 江藤農相は22日の閣議後記者会見で、赤字拡大が続く官民ファンド「農林漁業成長産業化支援機構」について「廃止を含めてあらゆる選択肢を検討している」と述べた。年内に結論を出すという。

 江藤氏は既存の出資案件を念頭に「いきなり投げ出すわけにはいかない。廃止となっても迷惑がかからないようにしなければならない」と言及。一方で、農業経営に投資の考え方は必要との考えを示し、機構に代わる別組織の設置にも含みを持たせた。

 機構は投資先の経営破綻などで損失が膨らみ、2019年度末の累積赤字は115億円に上る見通しだ。財務省と農林水産省は新規の投資を取りやめ、32年度に予定する解散の前倒しも検討している。

無断転載禁止
913217 0 経済 2019/11/22 19:16:00 2019/11/22 23:40:20 2019/11/22 23:40:20

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ