JR北海道「いしかりライナー」廃止へ…通過駅の利用客増で各駅停車に

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 JR北海道は来年3月のダイヤ改正で、小樽―岩見沢を結ぶ函館線の区間快速「いしかりライナー」を廃止し、各駅停車に切り替える方針を固めた。区間快速の通過駅で利用客が増えていることから、利便性の向上を図るのが狙いだ。

 いしかりライナーは、小樽―岩見沢のうち、手稲―江別間の一部の駅を通過する区間快速で、1日74本運行している。手稲―札幌の7駅中、発寒など4駅を通過する列車と、札幌―江別の9駅中、苗穂など4駅を通過する列車が交互に走っている。近年、通過駅で通勤・通学客の利用が増えていることから、各駅停車に切り替える方針を固めた。今月中に発表する。

無断転載禁止
932046 0 経済 2019/12/03 23:40:00 2019/12/03 23:40:00 2019/12/03 23:40:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ