攻勢かける「中国スマホ」…低価格・高機能機種を日本で投入

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 中国のスマートフォンメーカーが、日本で攻勢をかけている。低価格・高機能の機種を投入して世界市場で存在感を高めており、日本の消費者にも受け入れられるかどうか、注目されている。

 スマホ世界4位の中国・小米科技(シャオミ)は9日、都内で発表会を開いた。東アジア担当ゼネラルマネジャーのスティーブン・ワン氏は「日本は来年、(次世代通信規格の)5Gへの切り替えがある。まずはブランドを広く知ってもらいたい」と述べ、新たに日本に参入する狙いを説明した。

 16日に発売する最新モデルのスマホは、日本の拠点で開発したカメラを背面に五つ搭載した。他社の旗艦モデル並みの機能を売りとするが、価格は税込み約5万8000円に抑えた。利用者が携帯会社を自由に選べる「SIMフリー端末」で大手通信会社での店頭販売はなく、当面はネット通販のアマゾンで販売する。

 中国勢では、世界2位の華為技術(ファーウェイ)も11月に新製品の「nova 5T」を投入した。背面に四つのレンズを搭載し、想定価格は税込みで約6万円。背面に三つのレンズを搭載した米アップルの「iPhone(アイフォーン)11 Pro」の約半額だ。世界5位のOPPO(オッポ)は10月、「おサイフケータイ」が使える日本向けスマホを発売した。

 日本では10月から携帯電話料金の規制が変わり、通信契約を条件とした端末代の値引きは上限が2万円に制限された。端末代に限れば、購入者の負担が増す可能性があり、コストパフォーマンス(費用対効果)を売りとする中国勢には追い風になる可能性がある。

 ただ、日本ではiPhoneの人気が高く、国内シェア(市場占有率)は約50%と圧倒的だ。また、日本では携帯各社を通じて端末を購入する消費者が多く、SIMフリー端末を得意とする中国勢には不利な状況だ。

 IDCジャパンの菅原啓シニアマーケットアナリストは「中国勢が日本市場に浸透するには、消費者のサポート体制の充実が課題となる。当面、iPhoneの1強状態は続くだろう」と分析している。

 ◆小米科技(シャオミ)=2010年創業の中国の新興スマホメーカーで、炊飯器などの家電も手がける。創業者の雷軍レイジュン氏は、アップル創業者のスティーブ・ジョブズ氏になぞらえ、「中国のジョブズ」とも呼ばれている。

無断転載禁止
941706 0 経済 2019/12/10 05:00:00 2019/12/10 08:59:16 2019/12/10 08:59:16 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/12/20191210-OYT1I50021-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み_東京2020オリンピックパラリンピックキャンペーン

アクセスランキング

 


東京オリンピックパラリンピックオフィシャル新聞パートナー

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ