セブン、残業手当の一部を長期未払い…1970年代から継続の可能性

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 セブン&アイ・ホールディングスは10日、傘下のコンビニエンスストア「セブン―イレブン・ジャパン」で、アルバイトやパート従業員の残業手当の一部を長期にわたって支払っていなかったことを明らかにした。未払い額は少なくとも4億9000万円に上るという。

 今年9月、労働基準監督署の指摘を受けて発覚した。セブン―イレブンは、未払い分を支払う方針だ。記録が残っている2012年3月以降で、全国8000店以上の従業員約3万人が対象となる。ただ、未払いは1970年代から続いていた可能性があるという。

 セブン―イレブンでは、加盟店が従業員の給与を負担するが、その計算や支払いはチェーン本部が代行している。本部は、休まずに出勤した場合に支払う「精勤手当」と、職務の責任に対して支払う「職責手当」に基づいて計算する残業手当について、労働基準法で定められた計算方法に沿っていなかったという。

 セブン―イレブンの永松文彦社長らは10日午後、東京都内で記者会見し、未払いの経緯などを説明する。

無断転載禁止
942605 0 経済 2019/12/10 13:05:00 2019/12/10 13:05:00 2019/12/10 13:05:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み_東京2020オリンピックパラリンピックキャンペーン

アクセスランキング

 


東京オリンピックパラリンピックオフィシャル新聞パートナー

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ