三菱重工、長崎の国内最大級造船所「香焼工場」売却を検討

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 三菱重工業が、長崎造船所の「香焼こうやぎ工場」(長崎市)を、造船大手の大島造船所(長崎県西海市)に売却する方向で検討していることが12日、わかった。来週にも基本合意する見通しで、売却額は数十億円程度とみられる。三菱重工の造船部門は不振が続いており、製造能力を縮小してコストを削減する。香焼工場の近くにある「本工場」は維持する。

 香焼工場は1972年に建設された国内最大級の造船所で、液化天然ガス(LNG)を運搬する大型船などの建造を手がける。長崎は三菱重工の創業の地で、長く大型造船所として維持してきた。香焼工場の従業員約600人については、三菱重工内の配置転換などで対応する。

 三菱重工は今後、大型資源運搬船から事実上撤退し、本工場での防衛省向け護衛艦、下関造船所(山口県下関市)でフェリーの建造などに船種を絞り込む。

 一方、大島造船所は、地元で生産拠点が増えることになる。主力の鉄鉱石などを運ぶばら積み船の受注増につなげたい思惑があるとみられる。

 三菱重工は造船事業の見直しを進めてきた。2016年には、巨額損失を出したことから、大型客船の受注からの撤退を表明。17年には、大島造船所や今治造船(愛媛県今治市)や名村造船所(大阪市)と技術提携を結び、効率化を図ってきた。

無断転載禁止
947926 0 経済 2019/12/12 21:47:00 2019/12/13 00:50:07 2019/12/13 00:50:07

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ