日興証券、週3~4日勤務や副業OK…人材流出防ぐ

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 SMBC日興証券は、週3~4日の勤務を選べる新制度を来年度から導入する方針を固めた。給与は通常の約6~8割に下がるが、社員に介護や育児などの目的で利用してもらい、人材流出を防ぐ。

 清水喜彦社長が読売新聞のインタビューで明らかにした。週4日勤務は30歳以上、週3日勤務は40歳以上が対象で、職種は問わない。一部、年齢によって制限はあるものの、基本的に自由な理由で使えるようにする。こうした制度を金融業界で取り入れることは珍しいという。

 これまでは介護を理由に退職せざるを得なかった社員もいたが、清水氏は、「平日に休めれば本人や家族の負担が減らせるだけでなく、介護の経験を相続の相談業務などにも生かせる」と述べた。

 また、入社4年目以降の社員には、個人事業主やフリーランスとしての副業も認める。柔軟な働き方を通じて斬新な発想を取り込む考えだ。

無断転載・複製を禁じます
955254 0 経済 2019/12/17 00:03:00 2019/12/17 00:03:00 2019/12/17 00:03:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
入泉料割引
NEW
参考画像
ご利用料金割引
NEW
参考画像
3080円2464円

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ