相手国での配車予約も…日中のタクシー会社が提携

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

18日、上海市内で、業務提携の署名をする楊国平董事長(左)と前島忻治社長=南部さやか撮影
18日、上海市内で、業務提携の署名をする楊国平董事長(左)と前島忻治社長=南部さやか撮影

 【上海=南部さやか】日本のタクシー大手・大和自動車交通と中国・上海のタクシー大手・大衆交通は18日、上海市内で業務提携契約を締結した。

 両社は18日から、それぞれのウェブサイトを通じて、相手国での配車などを予約できるようにした。また、東京五輪開催の来年夏頃までには、両社の配車アプリを通じて、相手国でタクシーを呼び出すことができるようにする。

 大和自動車交通の前島忻治社長は18日の記者会見で、「観光やビジネスで日本を訪れる(中国の)人々に快適なサービスを提供したい」と述べた。大衆交通の楊国平董事長も、日本で中国人観光客を相手に白タクが横行していることを念頭に、「安心して乗車できることが利点だ」と述べ、提携の意義を強調した。

無断転載・複製を禁じます
958701 0 経済 2019/12/18 20:10:00 2019/12/18 21:37:26 2019/12/18 21:37:26 18日、上海市内で、業務提携の署名をする楊董事長(左)と前島社長=南部さやか撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/12/20191218-OYT1I50049-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ