中国、日本産牛肉の輸入一部解禁…首脳往来で環境整備か

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【北京=田川理恵】中国は、BSE(牛海綿状脳症)の発生を受けて2001年から停止していた日本産牛肉の輸入を19日に一部解禁した。中国メディアが23日、伝えた。23日から始まる安倍首相の訪中や、来年4月の習近平シージンピン中国国家主席の国賓来日に向けた環境整備の一環とみられる。

 中国の税関当局と農業農村省は19日付の公告で、「リスク評価の結果、日本の生後30か月以下の骨なし牛肉に関する2001年の禁止令を同日付で解除する」と発表した。ただ、今後は安全性を高めるための詳細な条件などを定める必要があり、実際の輸出再開時期は見通せないという。日本の農林水産省担当者は「通常は数年かかる」としている。

無断転載・複製を禁じます
966875 0 経済 2019/12/23 11:58:00 2019/12/23 12:57:51 2019/12/23 12:57:51

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
入泉料割引
NEW
参考画像
ご利用料金割引
NEW
参考画像
3080円2464円

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ