米の対中貿易赤字、11か月連続減…制裁関税も影響

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ワシントン=山内竜介】米商務省が7日発表した2019年11月の貿易統計(通関ベース)によると、中国に対するモノの輸出額から輸入額を差し引いた貿易収支の赤字額は、前年同月比30・4%減の約264億ドル(約2兆8500億円)だった。赤字の縮小は11か月連続だ。

 昨年9月からテレビなどを対象にした新たな対中制裁関税を発動した影響で、中国からの輸入額は約22%減の約365億ドルだった。 一方、日本に対する赤字額は約55億ドル(約5900億円)で約6%減少した。

無断転載・複製を禁じます
989010 0 経済 2020/01/07 23:40:00 2020/01/07 23:40:00 2020/01/07 23:40:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
入泉料割引
NEW
参考画像
ご利用料金割引
NEW
参考画像
3080円2464円

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ