中国でのトヨタ新車販売台数、7年連続で過去最高更新…初めて日本市場上回る

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【北京=小川直樹】トヨタ自動車は8日、中国での2019年の新車販売台数(トヨタ・レクサス合計)が前年比9・0%増の162万700台だったと発表した。7年連続で過去最高を更新し、初めて日本市場(約161万台)を上回った。戦後、1964年に中国向けの輸出を始めてから56年目で、日中の新車販売台数が逆転した。

 トヨタの国別の新車販売台数は米国が最も多い。日本は米中2大市場に次ぐ3番目の市場となった。

 2019年の中国新車市場は景気減速を背景に販売不振が長引き、前年比で8%程度減少すると予想されている。こうした中、トヨタは主力セダン「カムリ」などの販売が堅調に推移。排ガスなどの規制が強化される中、高い環境性能などが消費者を引きつけたほか、故障が少なく下取り価格が高い点も中古車市場が拡大する中で評価されたようだ。

 今後の成長に向けて中国での販売強化は欠かせないが、中国市場は政治的な要因で販売が左右されることがあり、12年の反日デモの際は日本車の販売が急減した。経営全体に与える影響度が増す中、リスク管理が重要になる。

無断転載・複製を禁じます
990655 0 経済 2020/01/08 17:57:00 2020/01/08 22:24:19 2020/01/08 22:24:19 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/01/20200108-OYT1I50076-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ