11月経常収支、1兆4368億円の黒字

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 財務省が14日発表した2019年11月の国際収支統計(速報)によると、日本と海外とのモノやサービスの取引や投資収益の総合的な状況を示す経常収支は前年同月比75・0%増の1兆4368億円の黒字だった。黒字は65か月連続となる。

 モノの輸出額から輸入額を差し引いた「貿易収支」の赤字が25億円と、前年同月の5396億円の赤字から大きく縮小したことが影響した。原油価格の下落などにより、輸入額が1兆2000億円余り減ったことが収支改善につながった。ただ、輸出額も米中貿易摩擦に伴う世界経済の減速などにより、米国向けの自動車や機械などが振るわず約7000億円減った。

 旅行などモノ以外のやりとりを示す「サービス収支」は、前年の約4倍となる1630億円の黒字だった。このうち、旅行収支は11月として最高となる2115億円の黒字だった。日韓関係の悪化で韓国からの訪日客が減ったものの、日本から海外への渡航者の減少分が上回った。

無断転載禁止
998996 0 経済 2020/01/14 09:12:00 2020/01/14 11:59:38 2020/01/14 11:59:38

ピックアップ

読売新聞購読申し込み_東京2020オリンピックパラリンピックキャンペーン

アクセスランキング

 


東京オリンピックパラリンピックオフィシャル新聞パートナー

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ