トヨタ、「空の移動」にも…電動の垂直離着陸機開発の米企業に出資

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

Joby社が開発中の電動VTOL(トヨタ提供)
Joby社が開発中の電動VTOL(トヨタ提供)

 トヨタ自動車は16日、米カリフォルニア州で電動の垂直離着陸機(VTOL)を開発している「Joby Aviation」に3億9400万ドル(約430億円)を出資すると発表した。

 トヨタは、ハイブリッド車などに使われている電動化技術を応用して機体の動力開発に関わる。生産性向上に向けたノウハウも提供し、電動VTOLの量産化に取り組むとしている。

 Joby社は、電動VTOLを使った「空のタクシー事業」を目指していることで知られている。トヨタの豊田章男社長は、「陸だけでなく空にも、移動の自由と楽しさをお届けするモビリティーの実現に貢献できることをうれしく思う」とのコメントを発表した。

無断転載・複製を禁じます
1003311 0 経済 2020/01/16 15:24:00 2020/01/16 17:25:37 2020/01/16 17:25:37 Joby社が開発中の電動VTOL(トヨタ提供)=提供写真撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/01/20200116-OYT1I50038-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ