「竹鶴」年代物の販売終了へ…欧州での人気高まり原酒不足に

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 アサヒグループホールディングス(HD)傘下のニッカウヰスキーは16日、国産ウイスキー「竹鶴」の年代物の販売を3月末で終了すると発表した。ウイスキーの原酒が不足しているためで、「余市」なども、すでに年代物の販売をやめている。

販売を終了するニッカウヰスキーの竹鶴17年
販売を終了するニッカウヰスキーの竹鶴17年

 創業者の竹鶴政孝の名前から取った竹鶴はニッカの主力ブランドで、余市蒸留所(北海道)と宮城峡蒸留所(仙台市)で生産した原酒から製造する。販売を終了するのは、「竹鶴17年」と「21年」「25年」の3種類だ。

 国産ウイスキーの人気は国内だけでなく、欧州でも高まっている。長期間の熟成が必要な原酒の在庫が不足し、供給が追いつかなくなっている。

 サントリーHDも原酒不足を理由に、2018年から「白州12年」や「響17年」の販売を休止している。

 ニッカは今後、約65億円を投じて蒸留所の生産能力を増強し、原酒不足に対応する考えだ。

無断転載禁止
1003960 0 経済 2020/01/16 22:22:00 2020/01/16 22:22:00 2020/01/16 22:22:00 販売を終了するニッカウヰスキーの竹鶴17年 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/01/20200116-OYT1I50072-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み_東京2020オリンピックパラリンピックキャンペーン

アクセスランキング

 


東京オリンピックパラリンピックオフィシャル新聞パートナー

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ