トヨタが米工場に770億円を追加投資、SUV増産へ

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 トヨタ自動車は18日、米インディアナ州の工場で、生産ラインを刷新するため、7億ドル(約770億円)を追加投資すると発表した。北米で需要の高いスポーツ用多目的車(SUV)「ハイランダー」の増産を図り、雇用も拡大する。

 複数の車種で車台や部品を共有するトヨタの設計・生産手法「TNGA」をハイランダーにも導入し、増産体制を図るためとしている。現地での雇用も、当初計画の400人から550人に増やす。

 今回の投資に伴い、インディアナ州の工場で生産していたSUVの「セコイア」は、テキサス州の工場に生産体制を移す。また、テキサス州で生産していたピックアップトラックの「タコマ」もメキシコの2工場に移す。

 トヨタは、2017年から21年までの5年間で、米国に約130億ドル(1兆4300億円)を投資する計画を公表しており、今回の投資もその一環としている。

無断転載禁止
1006475 0 経済 2020/01/18 11:10:00 2020/01/18 11:10:00 2020/01/18 11:10:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み_東京2020オリンピックパラリンピックキャンペーン

アクセスランキング

 


東京オリンピックパラリンピックオフィシャル新聞パートナー

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ