「真珠の返礼品」復活、寄付額4億円超に倍増へ

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

返礼品の真珠製品(志摩市提供)
返礼品の真珠製品(志摩市提供)

 三重県鳥羽市は20日、2019年度のふるさと納税の寄付額が前年度から倍増し、4億円を上回る見込みだと発表した。約2年ぶりに返礼品としての取り扱いを再開した真珠製品が呼び水になっているといい、志摩市でも同様に寄付額が急増している。

 総務省は17年4月、豪華な返礼品を自粛するよう自治体に通知。真珠製品も「資産性が高い」と指摘され、両市は17年12月以降、取り扱いをやめたが、制度の見直しで、価格が少額なら取り扱えるようになった。両市は寄付金の上限を30万円、価格を最高9万円と設定し、昨年9月にネックレスやペンダントなど真珠製品の取り扱いを復活させた。

 鳥羽市によると、ふるさと納税の寄付金は16、17年度の約5億円から、18年度は約1億7800万円まで落ち込んだ。19年度は、宿泊クーポン券も復活させており、真珠製品復活後の4か月だけで3170件、約3億5400万円の寄付があった。このうち5割近くは真珠製品だった。19年度の寄付額は4億3000万円に達する見通しという。

 志摩市も、寄付金は16年度の約8億2800万円から、18年度は約1億円まで減ったが、19年度は昨年4~12月で約3億3300万円に上った。

 鳥羽市はこれまで、寄付金を地場産業の振興などに充ててきた。中村欣一郎市長は「寄付金が元の規模に戻ってきた。この調子で伸び続けるか、一時的な傾向に過ぎないのかを慎重に見極めながら、使途を検討していきたい」と話している。

無断転載禁止
1011340 0 経済 2020/01/21 14:54:00 2020/01/21 14:54:00 2020/01/21 14:54:00 昨年秋に、ふるさと納税の返礼品として復活した真珠のネックレス製品セット(30万円寄付)(志摩市役所で)=提供(志摩市)撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/01/20200121-OYT1I50043-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み_東京2020オリンピックパラリンピックキャンペーン

アクセスランキング

 


東京オリンピックパラリンピックオフィシャル新聞パートナー

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ