GMO、従業員9割を在宅勤務に…新型肺炎対策

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大を受け、インターネットサービス大手GMOインターネット(東京)は27日から、国内の従業員の9割にあたる約4000人を対象に在宅勤務を始めた。

 春節(旧正月)の休暇で中国からの観光客が多く予想される東京、大阪、福岡の拠点で勤務する従業員が対象だ。期間は2週間をめどとし、中国に駐在する従業員も帰国させる。

 東京・渋谷のGMOインターネット本社では27日午前、出社は来客対応が必要な部門など数十人にとどまっているという。同日には取締役会も予定していたが、ネット会議で実施することを決めた。

 同社は、全従業員による一斉在宅勤務の訓練を毎年定期的に行っており、電話やインターネットを通じて業務ができるような対策を講じているという。

無断転載禁止
1021695 0 経済 2020/01/27 12:10:00 2020/01/27 12:10:00 2020/01/27 12:10:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み_東京2020オリンピックパラリンピックキャンペーン

アクセスランキング

 


東京オリンピックパラリンピックオフィシャル新聞パートナー

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ