LINE、上場後初の営業赤字…スマホ決済のキャンペーン費かさむ

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 無料通信アプリ大手LINEが29日発表した2019年12月期連結決算(国際会計基準)は、本業のもうけを示す営業利益が389億円の赤字(前期は161億円の黒字)に転落した。16年の上場後、初めての営業赤字となった。スマートフォン決済「LINEペイ」の還元キャンペーンやシステム開発で費用がかさんだ。

 売上高に相当する売上収益は広告収入の増加などにより前期比9・8%増の2274億円と増収だった。最終利益は468億円の赤字で、前期(37億円の赤字)に続き2期連続の赤字だった。

 LINEは、ヤフーを運営するZホールディングスと今年10月に経営統合する方針。両社の親会社による株式公開買い付け(TOB)で今夏までに上場廃止となる見通しだ。20年12月期の業績予想は「市場が急激に変化している」として、公表しなかった。

無断転載・複製を禁じます
1026469 0 経済 2020/01/29 21:07:00 2020/01/29 21:07:00 2020/01/29 21:07:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
500円400円
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ