「ニンテンドースイッチ」出荷に遅延…新型肺炎で中国工場再開できず

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 任天堂は6日、新型コロナウイルスの感染拡大により、中国の工場に生産を委託している家庭用ゲーム機「ニンテンドースイッチ」の日本向けの出荷が遅れると発表した。工場の稼働再開が遅れており、当面は在庫の出荷で対応する。

 具体的な遅延期間や数量などは明らかにしていないが、スイッチ用のコントローラーや、人気ゲームソフト「リングフィットアドベンチャー」の出荷も遅れる見込みだ。任天堂は昨年、生産の一部をベトナムに移管したが、生産能力には限りがあるという。

 任天堂は1月、2019年度のスイッチの販売台数目標を、当初想定より150万台多い1950万台に引き上げたばかりだった。

【関連記事】新型肺炎、今なにをすべきか~正しい情報で正しい行動を

無断転載禁止
1041106 0 経済 2020/02/06 23:23:00 2020/02/06 23:23:00 2020/02/06 23:23:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み_東京2020オリンピックパラリンピックキャンペーン

アクセスランキング

 


東京オリンピックパラリンピックオフィシャル新聞パートナー

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ