日本製鉄、呉製鉄所を閉鎖…23年9月末めど

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 日本製鉄は7日、2023年9月末をめどに呉製鉄所(広島県呉市)を閉鎖すると発表した。高炉全2基の稼働を21年9月末をめどに休止し、他の施設も止めていく。

 また、22年9月末までに和歌山製鉄所(和歌山市)に2基ある高炉のうち1基も休止する。世界経済の減速で鉄鋼需要が減少しており、生産能力の削減によって収益の改善を図る。

 呉製鉄所は、子会社の日鉄日新製鋼が運営している。協力会社も含めて約3000人が働いており、日本製鉄は希望退職は募らず、雇用の確保に最大限努力するとしている。

 このほか、すでに休止を発表している八幡製鉄所小倉地区(福岡県北九州市)の高炉1基について、休止時期を当初予定の来年3月末から今年9月末に前倒しする。一連の生産体制見直しにより、粗鋼生産能力を全体の約1割に当たる年間500万トン減らす。

 20年3月期連結決算(国際会計基準)の業績見通しは、最終利益が4400億円の赤字(前期は2511億円の黒字)に転落するとした。過去最大の赤字となる。

無断転載禁止
1042748 0 経済 2020/02/07 17:57:00 2020/02/08 05:08:42 2020/02/08 05:08:42

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
店内商品1,000円以上(税込)お買上げの方に、JERSEYオリジナルグッズをプレゼント。 ※先着50名様
参考画像
100円割引

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ