ホンダの武漢工場、生産開始は遅れて17日以降

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大で、自動車メーカー各社は7日、相次いで中国にある工場の再稼働の延期を表明した。停止期間が長引けば、各社の業績に影響が出てきそうだ。

 トヨタ自動車は7日、四つの完成車工場の稼働再開を17日以降に延期することを決めた。これまで中国の4工場の稼働を9日まで停止し、10日から再開することを検討していた。従業員は10日から出勤する計画だが、生産ラインの確認や部品調達、従業員の確保などの精査に時間がかかると判断した。

 ホンダも、湖北省武漢の工場での生産開始が17日以降に遅れるとした。14日から従業員が出社し、生産ラインの確認などを行うという。ホンダは中国事業が主力で、倉石誠司副社長は7日の決算記者会見後、「中国事業は調子が良かったので厳しい。長期化すれば影響は出る」と話した。

 このほか、三菱自動車も中国の2工場について、生産開始を17日以降に延期することを明らかにした。

 中国製部品が不足して工場停止に追い込まれる海外メーカーも出ており、世界の自動車各社への新型肺炎の影響は日増しに大きくなってきている。

残り:33文字/全文:510文字
読者会員限定記事です
新規登録ですぐ読む(読売新聞ご購読の方)
無断転載・複製を禁じます
1043120 0 経済 2020/02/07 21:52:00 2020/03/10 11:16:52 2020/03/10 11:16:52

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
入泉料割引
NEW
参考画像
ご利用料金割引
NEW
参考画像
3080円2464円

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ