送料一部無料化「予定通り実施」…楽天、8年ぶり最終赤字

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 楽天が13日公表した2019年12月期連結決算は、最終利益が318億円の赤字(前期は1422億円の黒字)だった。最終赤字は2011年12月期以来8年ぶり。保有する米配車サービス「リフト」の株価が下落して損失を計上したほか、携帯電話事業の採算悪化が響いた。

 三木谷浩史会長兼社長は決算発表にあわせて、東京都内の本社で記者会見した。運営する「楽天市場」で一定額以上の買い物の送料を一律無料化する計画について、三木谷氏は「わかりやすいショッピングの場を作っていくことがポイントだ」と語り、予定通り3月18日から実施する考えを示した。

 一方、一部出店者から不満の声があることなどを踏まえ、楽天市場から退店を希望する出店者に対しては、サイト上で移転告知するなど支援する考えを明らかにした。

無断転載禁止
1051273 0 経済 2020/02/13 15:48:00 2020/02/13 15:53:27 2020/02/13 15:53:27

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

参考画像
100円割引
参考画像
5000円以上お買上で5%OFF(マイカーで御来店のお客様のみ、特価品、食料品は除く)

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ