米と中国、互いに初の制裁・報復関税引き下げ

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ワシントン=山内竜介、北京=小川直樹】米中両政府は日本時間14日午後2時1分、互いに制裁・報復関税の一部を引き下げた。両国が貿易協議の「第1段階」合意に署名したことを受けた措置だ。米中貿易摩擦が本格化した2018年7月以降、追加関税が緩和されるのは初めて。

 「第1段階」合意では、中国が20~21年の間、米国から農産品や工業品などの輸入を計2000億ドル(約22兆円)増やすことが盛り込まれた。新型コロナウイルスによる肺炎拡大の影響で、中国が約束した米国産品の大量購入が遅れる懸念が出ている。

無断転載禁止
1052991 0 経済 2020/02/14 14:10:00 2020/02/14 14:26:40 2020/02/14 14:26:40

ピックアップ

読売新聞購読申し込み_東京2020オリンピックパラリンピックキャンペーン

アクセスランキング

 


東京オリンピックパラリンピックオフィシャル新聞パートナー

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ