百貨店の免税品売上高、2月は7割減…感染拡大なら「休業検討する店も」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 日本百貨店協会は21日、2月の全国百貨店売上高(1~17日)が前年同期に比べ、15%程度減っていると明らかにした。訪日外国人の免税品売上高が約7割減と大幅に落ち込んでいるという。新型コロナウイルスの感染拡大で、来店客が減少していることが主因だ。

 加盟する一部の百貨店に協会が聞き取りを行った。訪日客の減少のほか、人混みを避けて外出を控える日本人客も多いとみられる。協会の山崎茂樹専務理事は「厳しい集客状況で先行きはまったく分からない。感染が拡大すれば休業を検討する店もある」と話している。

 一方、1月の全国百貨店売上高は既存店ベースで前年同月比3・1%減の4703億円となり、4か月連続のマイナスだった。暖冬で主力の衣料品が売れなかった。

残り:33文字/全文:357文字
読者会員限定記事です
新規登録ですぐ読む(読売新聞ご購読の方)
無断転載・複製を禁じます
1066016 0 経済 2020/02/21 23:35:00 2020/03/09 10:47:13 2020/03/09 10:47:13

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
NEW
参考画像
600円300円
NEW
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス
NEW
参考画像
ご宿泊のお客様の夕食時に地酒(お銚子)またはソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ