読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

「つちのこフェスタ」に村人口の2倍来場、混乱も

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

多くの参加者でにぎわった「つちのこフェスタ」(昨年5月)=東白川村提供
多くの参加者でにぎわった「つちのこフェスタ」(昨年5月)=東白川村提供

 蛇に似た幻の生物「ツチノコ」をマスコットに地域振興に取り組む岐阜県東白川村は、毎年5月に開催しているイベント「つちのこフェスタ」に向けて、インターネットで事業目的を明示してふるさと納税を募る「ガバメント(自治体)クラウドファンディング(GCF)」を始めた。参加者が増えて膨れ上がった事業費を賄うためで、村は将来的に移住者が増えることを期待している。

 ツチノコの目撃例が多い村は1989年から、村内の茶畑を会場に、捕獲者に賞金を贈るツチノコ捜索イベント「つちのこフェスタ」を開いてきた。ゴールデンウィーク中の催しとあって、当初約300人だった参加者は増え続け、昨年は村人口の2倍の4千数百人が押し寄せた。

 この結果、小学校校庭の臨時駐車場が満車となり、民家や事業所の駐車場を急きょ借りたほか、送迎バスや仮設トイレに長蛇の列ができた。屋台の飲食物は昼前に売り切れとなった。警備員は10人足らずしかおらず、誘導も混乱したという。

 村は昨年、イベントに事業費450万円を投じたが、円滑な運営のためには700万円は必要と見込む。予算規模が小さな村にとっては大きな負担で、200万円を目標にGCFを活用することにした。

 寄付金は警備員増員や、送迎バス、仮設トイレの充実などに充てる予定だ。寄付者には返礼品としてイベント参加券などが贈られる。村の村雲修・商工振興係長は「GCFはイベントに参加してもらうことが前提。村へのファンを増やして、ゆくゆくは移住・定住増加につなげたい」と話す。

 今年の「つちのこフェスタ」は5月3日に開催される予定で、ツチノコ捕獲者には賞金131万円が贈られる。GCF募集は4月22日まで。問い合わせは、東白川村役場(0574・78・3111)。

無断転載・複製を禁じます
1070199 0 経済 2020/02/25 10:18:00 2020/02/25 10:18:00 2020/02/25 10:18:00 大勢の参加者でにぎわった「つちのこフェスタ」(昨年5月、東白川村役場提供)(東白川村の茶畑で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/02/20200223-OYT1I50044-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
お買い上げ金額から10%OFF
NEW
参考画像
1ドリンクサービス(お一人様1杯)
NEW
参考画像
1,000円以上お買上げの方に「とうきび茶」プレゼント
NEW
参考画像
「ふぞろいの牛タン・切り落とし」一品プレゼント!
NEW
参考画像
ファーストドリンク一杯無料

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)